第七官界彷徨ブログ

日々の雑感。キャリアチェンジ。海外移住。

【ドイツ大学応募記】問題発生!応募後に入学条件が変更に

先日さっそくドイツの洗礼を受けました。応募していた大学が、応募時点ではドイツ語能力は問われなかったはずが、B1(中級の下)を入学手続きまでに取得しろとのお達し! なんでやねん! そんなこと言ってなかったでしょうが!! 冬学期入学への応募締め切りぎりぎりで入学条件を変更するという横暴……。しかし、応募手続きも無料、授業料も無料とくれば、文句をいうことはできないのであった。

同じく応募している友人が問い合わせてくれたところによると、Goethe institut等の資格試験でなくても、語学学校でB1レベルのコースを修了すれば良いとのこと。んならそう書いとけや!

 

というわけで、語学学校のコースを探すも、今から9月中までにB1を修了できるコースは残念ながら見つからず、仕方なくGoethe institut(通称ゲーテ。英国のブリティッシュカウンシルみたいな国の文化広報機関。文化イベントや語学講座を行う)の試験を受けますよっと。

 

ちなみに、この大学とはFulda University of Applied Sciencesです。フルダはゲーテ街道の町で、ゲーテが宿泊したホテルが現存しているらしいです。ICE(Inter city express; 特急電車みたいなやつ)が止まるので便利。フランクフルトから1時間ちょい。

 

あ、前の記事で書いたuni-assist応募の注意事項についてはあまり反響がなかったので書きませんw というわけで、Tschüss!