第七官界彷徨記

文科系アラサー、エンジニアになるためドイツでまた学生はじめました。

数学弱者(!)が理系留学したらどうなるか実況中継^^;

授業で分からないことがあって調べてたら「数学弱者」という言葉に出会った。それよ、それ! まさに。今まで逃げられる限り数学や物理などの理系科目から逃げ続けてン十年、そのつけを今最大限に払っている。

高校時代、物理とか特にやばかった。失礼ながら、国・数・英は主要科目って感じがするのだが、物理・化学や地理・歴史ってサブ科目な印象でなんかやる気出ないし、先生が見たことも無い記号(今考えるとデルタ(Δ)だった)をいきなりVの横に書いてきた瞬間に「わからないもの」BOXに入れて棚の上に置いた。そして物理のテストで9点を取った。しかも1問も正解しておらず、すべて途中点・・・・馬鹿すぎる・・・・。

 

そんな感じの人間が紆余曲折を経てドイツの理系大学に留学しているというのが今の状態。まあさすがに自分が問題外にできないことは自覚していたので、2年前からしこしことKhan academy等で勉強してました。Khan academyは初歩から動画と文章+図画で教えてくれて、正解するとポイントをくれるし、繰り返し練習問題を解かせて〆のテストでレベルが上がったりコンテンツもゲーム風の仕組みやインターフェースもまさに神としか言いようがない。アメリカ発なので、一切学校に行かないホームスクーリングも想定しているのか、本当にこれだけやってれば出来るように作られている。一応金を持ってる大人なので寄付しました。日本語版もあるよ。

 

www.khanacademy.org

ja.khanacademy.org

 

話が長くなったが、無精なので終わったのは中学数学まで。あとはベレ出版の『小・中・高で習った計算まるごとドリル 加減乗除から微分積分まで』の第一部まで(微分積分まで行けてない…)というヌルい学習でここまで来てしまった。

 

honto.jp

途中、放送大学線形代数とか離散数学っぽいものを履修しようとしたが、基礎ができてないのに無茶だったのと先生の平坦なお声で常に眠りに誘われたので途中で挫折した。痛すぎる。

そして、今履修しているのが以下。

1. 物理(力学/光学)
2. 離散数学と分析
3. 電気工学実習(ラボ)
4. コンピューターサイエンスとネットワーク
5. アカデミックスキル演習

 

お気づきだろうか。そう、数学が一個しかない。もちろん、他の科目も数学的基礎が無いと分からないのでやっていて無駄だったわけではない。そうではなく、

<<物理と電気工学完全に無視してた>>

ということです。これは非常にやばい。なにがやばいかというと、授業にまったくついていけない。死亡。よってKhan academyでしこしこと自習です。木の上の猿を撃ったりボールを上空に投げたり加速したりするのはまだ早い。まずは一定速度で移動してみようか? 早さ×時間=距離!!!!!

そして電気工学に至っては先生がいない。指示書があって勝手にやるのみという修羅。もちろん一ミリもわからず、これまた電流・電圧、直流・交流からやり直し!!あやうくLEDを爆発させるところだったぜ・・・・・。

とにかく授業に付いていけない状態でスタートしていることは伝わったと思う。私から言えるのは、事前にシラバスを確認しよう!ということである。唯一の救いは、前からしこしこやっていたかいあってか数学はまだ付いていけてるということ。苦手でもやれば向上できる! 数学弱者の諸君、いっしょに日々向上だ!!虚数空間でぼくと握手!

 

 

 

マシュマロ質問回答:ドイツの大学での学生数・出身国比率について

先日マシュマロで質問をもらったのですが、ツイッターの文字数だと答えにくかったのでこちらで回答します。めげずにやることこなしていると言ってもらえて嬉しいけど、実際には物理や数学が不得意過ぎて結構キーーーーッとなっています^^;環境の違いはあまり気にならないんですけどね・・・。

 

 

ちなみに、University of Duisburg-Essen(以下UDE)のオリエンテーション+1週目の授業とRhine-Waal University of Applied Sciences(Hochschule Rhine-Waal)(以下HRW)の2週目以降に出席しているので、一応両方の大学を比較することでなるべく一般的な情報を提供できるようにしたいと思います。

 

学生数について

★University of Duisburg-Essen

まず、UDEの授業規模は日本の大規模大学と同じ様相です。大講堂に何百人単位の学生が座って、先生はスクリーンの前でマイクで話します。日大や早稲田などの感じですね。というのもUDEはDuisburg大学とEssen大学という二つの大学が合併してできた総合大学で、ドイツ国内で最大級の規模らしいです。また、最初のセメスターなので、"International Studies in Engineering" (ISE)の機械工学やコンピューター工学、エネルギー工学などの複数の学科の学生が同じ講義を受けているので必然的に大規模講義が多くなっているようです。ラボで電子回路を作ったりする授業があり、こちらは3グループくらいに分けられています。後になると学科ごとに分かれるので授業の人数は減ると思います。

 

★Rhine-Waal University of Applied Sciences(Hochschule Rhine-Waal)

こちらはUDEに比べると小規模です。しかし、こっちでも1セメスター目なので他の工学系の学科と基礎科目が一緒のため、講義は60+人くらい、ラボも40人以上います。後になると学科ごとに分かれるので授業の人数は減ると思います。

 

出身国等の割合について

★University of Duisburg-Essen

前提として、1年目が英語で開講されるコースなので、留学生は非常に多いです。同じ大学でも他の学部では全く違っていて、例えば社会学などでは授業はほぼドイツ語で、留学生はほとんど居ないとのことです。

ISE全体では留学生6割強でドイツ人学生の方が少ないです。見た感じでは白人はもっと少ないので、ドイツ人でもバックグラウンドが多様な人が来ているのかもしれません。オリエンテーションで会った中ではインド系がかなり多く、次いでイラン、シリアなど中東、ごく少数のエジプト、他アフリカ。ドイツ人2人(うち一人はスリランカ系ドイツ人)東アジアは中国が3人、韓国が1人、日本0(前のブログ記事参照)、東欧1人、あとはインドネシア1人、アメリカ1人。

 

★Rhine-Waal University of Applied Sciences(Hochschule Rhine-Waal)

こちらは卒業まで全て英語で開講されているコースなので、当然留学生が断然多いです。ドイツ人は確認できただけで2人しかいません。多分他にも居るけど埋もれています。留学生の出身国は圧倒的アフリカ系、そしてインド、ついで中東。トルコ系もいるらしい。東アジアはインドネシアベトナムの人に会いました。中国人も2人くらい見かけました。

まだ入ったばかりなので何とも言えないのですが、UDEとの学生の雰囲気の違いにちょっと戸惑っています。オリエンテーションから出席していたUDEでは何人かと仲良くなれたので、まだこちらでは友達ができていないからそう思うだけかもしれませんが。

 

と、こんな感じでお答えになりましたでしょうか。大学の雰囲気は種類(総合大学かHochschuleか等)や開講言語、大学の規模や地域によって違うと思うので参考までに。また何かあれば質問してください。

文科省は社会人を留学させたくないのか? (多分)高校の成績が捨てられたせいで志望校に落ちた話

義務教育を終えたら高校、専門学校や大学、そして就職・・・と「望ましい進路」から外れずに生きていれば何も問題ない(その「普通」もどんどん困難になっている現状ですけどな。)、しかしひとたびそこから外れると想像もしなかった罠がしかけられているのが“普通”至上主義のニッポンなのだと思い知らされたぜ。

 

つまりだ。高校の成績は卒業後5年で捨てられる。*1

 

以前は卒業等の学籍に関する記録と共に20年間保存されていた高校の成績は、大学に行った場合には大学卒業後1年、浪人や留年をすれば大学在学中に捨てられてしまう。それは平成三年(1991年)の文科省省令によって指示された。

何らかの理由で大学に行けなかった人が、6年後かそれ以降に大学に行こうとする場合、もしくは何年か働いた後に留学しようと思い立った場合、その不利益についてどう考えてそのような省令を発出したのか?

学籍に関する記録は以前と同様に卒業後20年保存されるわけだが、成績をそれと一緒に保存することはそれほど困難で甚だしくコストがかかることなのだろうか?

仮にそうだとしても、「生涯教育」だの「リカレント教育」だのと言うなら、高校の成績くらい保存しても良さそうなものだ。まあ生涯教育などというお題目も、人口ボリュームゾーンのリタイア世代に大学の市民講座などを受講させたいどこかの人々の思惑でしか無いのかもしれないが。

 

と、くどくどと言ってみたところで結果は変わらない。大学を卒業してから数年働いて資金を貯めて、ドイツ語を勉強してドイツの大学に応募した。その中で第一志望だった大学は高校の成績の提出を求めてきた。わたしは「成績不発行証明書」*2を送付し、事情を説明した。その結果、再三メールや窓口に並んでの進捗確認を行ったにも関わらず3ヶ月以上待たされ、新学期が始まって2週間が経過しようという今、通知を受け取った(これはこの大学のオペレーションがクソなだけではある)。

 

曰く、

Thank you for your application and the enclosed documents. We regret that we are unable to accept your application, as the Admissions Committee/Examinations Board of the relevant department has found that you do not meet the academic requirements.
Reason / Additional information: inappropriate educational background

 

(要約)入学審査委員会はあなたの入学を許可できません。理由:不適切な学歴

*3

 

 ドイツの大学には入学試験は無い。人気だったり高い水準が求められる医学部のような学科では「入学制限」といって成績や志望理由書、面接等の選抜があるが、そういった制限の無い学科では基本的に求められる書類を提出すれば入学は許可される。*4

今までにまったくやったことが無い専攻だろうが何だろうが関係ない。実際、私の志望していたコンピューターエンジニアリングの学科に既に入学許可されている外国人の学生は出身国では政治学科だったり文系出身者は普通に居た。

というわけで、わたしは高校の成績が無いことが理由であろうと考えている。*5

 

So, is this what Japanese government wants?

 

不許可を食らった大学はDuisburg-Essen大学 のISE (International Study of Engineering)コース。このISEは1年目の授業が全て英語で留学生が6割くらいの、その名の通りインターナショナルな学科だが、各国の特殊事情は加味できないようだ。ISE以外の学科はuni-assist(脚注参照)を通して行われるため、高校の成績が無くても多分大丈夫。ちなみに、獨協大学と提携していて毎年留学生が来ている。

 

というわけで、わたしは抜かり無く用意しておいたプランBを採用し、別の大学に行きます。

 

*1:平成3年3月20日 学校教育法施行規則の一部改正について(通達):文部科学省

*2:先述の文科省令を受けて、高校が発行する「成績は無い」という旨の証明書。何だそれはって感じだが。

*3:ちなみに同時に同条件で応募していた他の日本人もリジェクトを食らった。

*4:と公式的にはなっている

*5:ちなみに、ドイツの大学に応募する外国人は、uni-assistという留学生用の審査機関を通して応募するのが一般的で、そちらの審査を通して応募した大学は全て入学許可が下りている。私の第一志望校は学内で審査を行っているため判断が異なったのだと思われる。

ドイツ語ゲーテ試験B1合格しました(Goethe Zertifikat B1)

絶対落ちたと思ったーーーーーー!けど、受かりました!!よかった。

7/1に駄目もとで一応受けておこうと思って受けたら、まぐれで聞き取りと作文がギリギリで受かったので、調子に乗って次で全てのモジュール合格を目指していたのですが・・・・! スピーキングのプレゼンテーションのお題が何になるか分からないもので、さすがにいくつかは用意したけど、全然網羅しきれてなくて焦った〜。

 

01.07.2018受験

Horen(聴解) 63
Schreiben(作文)  69
Lesen(読解)不合格
Sprechen(会話)欠席

09.09.2018受験

Lesen (読解)      73
Sprechen (会話)74

 

うーん、ひどいw

ゲーテの試験は受験料高いけど、不合格のモジュールだけ受けられるのは良いと思う。

試験勉強は下記のブログを参考にさせてもらいました。

 

ドイツ語B1に独学で合格する方法

 

・実際にやった勉強

Horen(聴解)→試験対策テキストの問題をいくつか解いて設問の作りを把握。
Schreiben(作文)→検索で出てきたゲーテメール例文(Carmen宛のやつ)を暗記して応用。
Lesen(読解)→試験対策テキストの問題を解いた。
Sprechen(会話)→月3回ペースでドイツ語の個人レッスンを受けていたので、レッスンの時にプレゼンテーションを準備してきて訂正やコメント、質問をしてもらう。

 この中で一番苦労したのはSprechenです!!!!計画を立てるやつは大体同じような内容になるのでいいとして、プレゼンテーションはテーマが多種多様すぎて・・・。まずは「これから〜のテーマについてプレゼンテーションします。まず最初に・・・次に・・・」というような"枠"を暗記して、内容はこの枠にはめていく感じです。
上記の日本語ブログに加えて下記のイランの方が作ったとおぼしきテーマ例集を参考にしました。こんなにたくさん覚えきれないので、もちろん全部はやってない・・・・。

Goethe-Zertifikat B1 Prüfung Sprechen Themen Beispiele

 

ちなみに私が受けたときのテーマはこれ。

・外国で語学講座を受けること
・映画かテレビか

どっちも用意していなかったテーマなので焦りつつ、これから留学予定ということもあり、「外国で語学講座を受けること」を選択。

面接開始前に別室に案内されてそこで準備する時間(たしか15分?)があるので、そのときにスライドが印刷された用紙のメモ欄に”枠”以外のスクリプトを書き込み。暗記したプレゼンの中から応用可能な言い回しをかき集めて何とかまとめ上げたのだった。

そして面接室に移って軽く自己紹介(ここは採点されない)。この時点でドイツ語の単語が分からなくて英単語を発するなどやぶれかぶれ・・・・涙。

そしてEtwas plannenで衝撃の問題が発生「もう一人の受験生の言ってることがまじで分からない・・・・・・・!」これは酷い。試験官は理解しているようなので、完全に私の問題。今までドイツ人の先生と一対一のレッスンしかしたことが無かったので、日本人の喋るドイツ語が初体験という盲点を突かれた。とはいえPlannenは内容が簡単なので何とかなった。プレゼンの質問タイムにピンチが・・・・しかし、試験官が助けに入り何とか生還。私が質問する方は「全てのテーマに応用可能な質問」を用意していたので危うくもすり抜け。

あと拍子抜けだったのが、ゲーテの試験ビデオではメモを見ないで話すように言われてたから頑張ろうとしたけど、私がたまにしか顔を上げないからか試験官も紙をみて何か書いててこっちを見てなかったこと。なので後半は完全に音読。たまに強調したとところだけ声のトーンを上げて試験官とアイコンタクトしたので完全に朗読という印象は回避できたかも。

そんな感じでなんとかすり抜け合格できたのだった・・・・! 実際に用意したスクリプトとかは気が向いたら書くね〜。ちゅーす!

ドイツの賃貸契約の種類

日本では又貸しって無いけどドイツでは法律的にOKらしく、契約形態が日本より多様で混乱したのでメモ。

 

・不動産仲介業について

ドイツでは賃貸物件の仲介業者というのはあまり無く、外国人でドイツ語がわからない人が使ったりするだけらしい。日本語で仲介してくれる会社もいくつかある。人気都市でのお部屋探しはドイツ人ですら困難を極めるらしいので、いつ部屋が見つかるか分からない不安定な状態だと困る場合には先手を打って利用するのもありかも。

 

参考

ドイツ・デュッセルドルフで賃貸を探す。※無事見つかりました | xxbxxqxx.com

 

ルームシェア(WG)について

WG (Wohnunggemeinschaft;直訳では住居コミュニティー)は一般的で、だいたいの学生はWGに住んでるし、大学が提供する寮もWGだったりする。共有スペースの他に個人の部屋があるのが普通。
WGのメリットデメリットに関しては検索するとブログがたくさん出てくるのでご参照を。

 

・WGの契約形態について

独り部屋の場合には大家さんと直接契約になるが、WGの場合には大家さんと直接の場合とルームメイトの誰かがHauptmieter(主賃借人)になっていて、他のルームメイトはその人と契約する形態の場合もある。私はルームメイトと契約した。

対して3ヶ月未満の又貸し(Zwischenmiete)の場合、契約書の締結が必要なかったりするので注意。

 

・WGの選考について

ドイツでは住宅が全体的に足りていないこともあってか、貸す側が選ぶ立場にあるため内見+面接がある。WGでは同居人と生活スタイルが合うかどうかが重要なので、あらかじめ合いそうなところを見極めて応募する方がよいと思う。

Hauptmieterとのみ面接する場合と大家が選ぶ場合とがある。大家に決定権がある場合でも、ルームメイトになる人の了解を得る必要があることもあるよう。

WG探しの最大手サイトWG-Gesuchtでは、対応可能言語の表示があり、大体は英語もOKだが英語の流暢さはかなり個人差が大きい。

簡単なテストのようなことをする場合もあるとかウェブ記事で読んだが、WGのルームメイト選考は貸す側もかなり大変なので全員を審査するというよりは問題なければ早く決めたいっぽいので早く連絡したものが勝つ。

 

・日本から応募する場合

メールやスカイプなどで連絡して決めることになるため、即電話・即内見できる現地民より不利ではある。私はWG-Gesuchtで見つけて連絡したところ、貸主が留学から帰ってきたばかりでまだ実家に居て、他の候補者ともスカイプ等でやりとりしていたようで、今すぐ内見したいという要望に答えるのが難しかったらしく問題にはならなかった。

ただ、賃貸詐欺で多いのが「大家が今外国にいるためすぐに部屋を見せられないが、入居を確約するのでお金を払え」というものだそうなので注意。

私はやりとりで人柄や話の信憑性を考慮したのと、ちゃんとした契約書を送ってもらった(貸主の住所等も書いてある)ので決めた。

 

・補足;言語について

私はまだドイツ語が流暢ではないので英語で部屋探ししました。メールはドイツ語の方がレスポンスが早いのを何となく察していたので、英語で作った文章をGoogle翻訳につっこんでduとSieとか細かいところを手直しして使いました。ドイツ語⇄英語のGoogle翻訳はかなり精度がいいので問題ないです。ルームメートも「ドイツ語のメール完璧で、8ヶ月しかやってないとかマジ?!って思った」と言ってました...^^; Google翻訳様々。

ドイツで住民登録できる部屋の条件とは

ドイツに住むにあたって色々調べていると、「住民登録」という言葉を頻繁に目にする。まあ日本でいうところの住民票みたいなものか。

 

◆なぜ住民登録が必要か

この住民登録は、3ヶ月以上同じ都市に滞在する場合に義務付けられている(1週間とか2週間とかいう説も聞くが、ワーホリビザを取った時にもらう紙には3ヶ月と書いてあります。2018年6月現在)。ただ、単に法令上の決まりだからという以上に、住民登録がないと銀行口座を作れなかったりSIMカードが買えなかったり*するので登録できないと困るんです。

*最近知ったんだけど、近年ドイツでSIMカードを購入するには住民登録が必要な場合があるとのこと(パスポートと滞在先の住所でOKのところもあるっぽい)。

 

参考

ASCII.jp:ドイツはプリペイドSIMの販売規制が開始 SIMフリースマホユーザーは注意 (1/2)|IFA 2017レポート

ドイツでプリペイドSIMカード購入✨ - laaaugh’s blog

 

ワーホリとかで働く人も住民登録は必要ですね。

 

◆住民登録できる=賃貸契約(契約書)あり

例)

・一人暮らし

・WG(ルームシェア

・寮

大家やルームメイトと契約を取り交わしている場合、住民登録できます。所定の書類に貸し主のサインをもらう必要がある場合もあります。

 

◆住民登録できない=賃貸契約なし

例)

・ホテル、ホステル、ゲストハウス

・間借り、短期の期間貸し

この他に、例え一人暮らしやWGでも、賃貸契約書を取り交わしていない場合は住民登録はできません。お部屋情報について問い合わせるときはこの点を確認した方がいい。

 

ちなみにドイツ滞在2日目にしてルームメイトと一緒に住民登録をしに行ったところ、「まずイミグレーションオフィスに行って」と言われ、そのイミグレーションオフィスの開庁時間が14時までであえなく時間切れ・また来週!となりました。トホホ。

次は日本と違っていて戸惑った賃貸契約の種類について書こうと思います。

 

 

 

ドイツ語B1合格できるのか、あるいはドイツ語学習の軌跡

私のドイツ語学習ヒストリーは2017年の1月から始まる。
東京のシェアハウスを退去し、それに伴い夜間の建築学校(に通っていたのよ!)を辞め、1年間務めた派遣の仕事も辞めた。IT業界に転職すべく職探しをしていたのだが、これがまた決まらない。そのため実家でゴロゴロしたりスポーツジムに行ったりしながら、数学とプログラミングとドイツ語をいずれも低レベルで独学していた。
時系列でまとめると以下のような感じ。(自分用備忘かねてるので適当に読み飛ばして下さい)

 

2017年1~2月:適当に買ったドイツ語テキスト(ナツメ社『CDブックはじめてのドイツ語』 )と東京外語大言語モジュールで勉強し始める。

2017年3月:4月からの仕事が決まったので、1カ月だけの短期の仕事をする。金がジャブってるシンクタンクで、時給2300円だった。ドイツ語学習は平日は電車の中でCDを聴くくらいで週末に気が向いたら勉強する程度。

2017年4月~7月:IT系の会社に入社。最初は研修でてんやわんやでドイツ語はストップ。

2017年8月後半:留学に向けて本格的に始動。『しっかり身につくドイツ語トレーニングブック』とDW(Deutsche Welle)で学習開始。

2017年9月:トレーニングブックを1日1課を目標にやる。同じくドイツ留学予定の友達と毎週勉強会をするように。

2017年10~12月:ドイツ語を個人レッスンで習い始める(だいたい月3回ペース)比較的真面目にやる。 2018年1月:お正月休みやら先生と予定があわなかったりやらでだいぶサボる。

2018年2月:ちょっとたるみつつも一応継続。TOEFLを受け、必要点数クリア。

2018年3月:ちょっとたるみつつも一応継続。渡航に向け、IT系会社退職。

2018年4月:短期の仕事探ししつつドイツの大学への応募開始。渡航時期を迷ったあげく渡独までの間の短期の仕事を開始。金がジャブってる製薬会社で時給3000円だった。

2018年5月:ワーキングホリデービザ申請。大学の応募関係でてんやわんや。

2018年6月:ドイツ語を個人レッスンは相変わらず継続。ダメ元で7/1のGoethe B1試験に申し込む。DWの連載を読んだりする。

2018年7月:試験準備もほとんどせず、落ちたと確信したにも関わらず、hören(聴解)schreiben(書き)だけパスする。欲を出して次(9月)のGoethe試験に申し込む。ドイツ語を個人レッスンは相変わらず継続。短期仕事終了。勝手に志望校に行けると確信して家探しを始める。難航。

2018年8月:9月のGoethe試験にむけての勉強と高校数学の勉強をする予定。 ←イマココ

2018年9月:Goethe B1をひっさげて渡独、タッチアンドゴーで地中海のゴキゲンな島へ。

2018年10月:大学やでー

 

と、書いてみると色々と多動ぎみだけど意外と頑張ってるっぽいのでは????実際にはかなりダラけてたけど、月単位で見るとけっこうやっているじゃあないか。エライ!素敵!