第七官界彷徨記

文科系アラサー、エンジニアになるためドイツでまた学生はじめました。

ドイツで住民登録できる部屋の条件とは

ドイツに住むにあたって色々調べていると、「住民登録」という言葉を頻繁に目にする。まあ日本でいうところの住民票みたいなものか。

 

◆なぜ住民登録が必要か

この住民登録は、3ヶ月以上同じ都市に滞在する場合に義務付けられている(1週間とか2週間とかいう説も聞くが、ワーホリビザを取った時にもらう紙には3ヶ月と書いてあります。2018年6月現在)。ただ、単に法令上の決まりだからという以上に、住民登録がないと銀行口座を作れなかったりSIMカードが買えなかったり*するので登録できないと困るんです。

*最近知ったんだけど、近年ドイツでSIMカードを購入するには住民登録が必要な場合があるとのこと(パスポートと滞在先の住所でOKのところもあるっぽい)。

 

参考

ASCII.jp:ドイツはプリペイドSIMの販売規制が開始 SIMフリースマホユーザーは注意 (1/2)|IFA 2017レポート

ドイツでプリペイドSIMカード購入✨ - laaaugh’s blog

 

ワーホリとかで働く人も住民登録は必要ですね。

 

◆住民登録できる=賃貸契約(契約書)あり

例)

・一人暮らし

・WG(ルームシェア

・寮

大家やルームメイトと契約を取り交わしている場合、住民登録できます。所定の書類に貸し主のサインをもらう必要がある場合もあります。

 

◆住民登録できない=賃貸契約なし

例)

・ホテル、ホステル、ゲストハウス

・間借り、短期の期間貸し

この他に、例え一人暮らしやWGでも、賃貸契約書を取り交わしていない場合は住民登録はできません。お部屋情報について問い合わせるときはこの点を確認した方がいい。

 

ちなみにドイツ滞在2日目にしてルームメイトと一緒に住民登録をしに行ったところ、「まずイミグレーションオフィスに行って」と言われ、そのイミグレーションオフィスの開庁時間が14時までであえなく時間切れ・また来週!となりました。トホホ。

次は日本と違っていて戸惑った賃貸契約の種類について書こうと思います。

 

 

 

ドイツ語B1合格できるのか、あるいはドイツ語学習の軌跡

私のドイツ語学習ヒストリーは2017年の1月から始まる。
東京のシェアハウスを退去し、それに伴い夜間の建築学校(に通っていたのよ!)を辞め、1年間務めた派遣の仕事も辞めた。IT業界に転職すべく職探しをしていたのだが、これがまた決まらない。そのため実家でゴロゴロしたりスポーツジムに行ったりしながら、数学とプログラミングとドイツ語をいずれも低レベルで独学していた。
時系列でまとめると以下のような感じ。

 

2017年1~2月:適当に買ったドイツ語テキスト(ナツメ社『CDブックはじめてのドイツ語』 )と東京外語大言語モジュールで勉強し始める。

2017年3月:4月からの仕事が決まったので、1カ月だけの短期の仕事をする。金がジャブってるシンクタンクで、時給2300円だった。ドイツ語学習は平日は電車の中でCDを聴くくらいで週末に気が向いたら勉強する程度。

2017年4月~7月:IT系の会社に入社。最初は研修でてんやわんやでドイツ語はストップ。

2017年8月後半:留学に向けて本格的に始動。『しっかり身につくドイツ語トレーニングブック』とDW(Deutsche Welle)で学習開始。

2017年9月:トレーニングブックを1日1課を目標にやる。同じくドイツ留学予定の友達と毎週勉強会をするように。

2017年10~12月:ドイツ語を個人レッスンで習い始める(だいたい月3回ペース)比較的真面目にやる。 2018年1月:お盆休みやら先生と予定があわなかったりやらでだいぶサボる。

2018年2月:ちょっとたるみつつも一応継続。TOEFLを受け、必要点数クリア。

2018年3月:ちょっとたるみつつも一応継続。渡航に向け、IT系会社退職。

2018年4月:短期の仕事探ししつつドイツの大学への応募開始。渡航時期を迷ったあげく渡独までの間の短期の仕事を開始。金がジャブってる製薬会社で時給3000円だった。

2018年5月:ワーキングホリデービザ申請。大学の応募関係でてんやわんや。

2018年6月:ドイツ語を個人レッスンは相変わらず継続。ダメ元で7/1のGoethe B1試験に申し込む。DWの連載を読んだりする。

2018年7月:試験準備もほとんどせず、落ちたと確信したにも関わらず、hören(聴解)schreiben(書き)だけパスする。欲を出して次(9月)のGoethe試験に申し込む。ドイツ語を個人レッスンは相変わらず継続。短期仕事終了。勝手に志望校に行けると確信して家探しを始める。難航。

2018年8月:9月のGoethe試験にむけての勉強と高校数学の勉強をする予定。 ←イマココ

2018年9月:Goethe B1をひっさげて渡独、タッチアンドゴーで地中海のゴキゲンな島へ。

2018年10月:大学やでー

 

と、書いてみると色々と多動ぎみだけど意外と頑張ってるっぽいのでは????実際にはかなりダラけてたけど、月単位で見るとけっこうやっているじゃあないか。エライ!素敵!

Careconceptにドイツ国外旅行を知らせるメールテンプレート

ドイツワーホリビザ取得について調べると、これでもか!というくらいみんなが紹介している「Careconcept」。ひねくれ者なので、紹介料でももらっているのだろうと疑って調べてみたところ、そもそも選択肢が少ないし内容も問題ないし安いので申し込んでいます。

 

渡独後にスペインに旅行に行くので、その間もCareconceptの保険でカバーしてもらうためには事前にドイツ国外に出ることを連絡せねばならない由。メールを書いたのでメモ代わりにブログに書いておきます。

 

続きを読む

【ドイツ大学応募記】問題発生!応募後に入学条件が変更に

先日さっそくドイツの洗礼を受けました。応募していた大学が、応募時点ではドイツ語能力は問われなかったはずが、B1(中級の下)を入学手続きまでに取得しろとのお達し! なんでやねん! そんなこと言ってなかったでしょうが!! 冬学期入学への応募締め切りぎりぎりで入学条件を変更するという横暴……。しかし、応募手続きも無料、授業料も無料とくれば、文句をいうことはできないのであった。

同じく応募している友人が問い合わせてくれたところによると、Goethe institut等の資格試験でなくても、語学学校でB1レベルのコースを修了すれば良いとのこと。んならそう書いとけや!

 

というわけで、語学学校のコースを探すも、今から9月中までにB1を修了できるコースは残念ながら見つからず、仕方なくGoethe institut(通称ゲーテ。英国のブリティッシュカウンシルみたいな国の文化広報機関。文化イベントや語学講座を行う)の試験を受けますよっと。

 

ちなみに、この大学とはFulda University of Applied Sciencesです。フルダはゲーテ街道の町で、ゲーテが宿泊したホテルが現存しているらしいです。ICE(Inter city express; 特急電車みたいなやつ)が止まるので便利。フランクフルトから1時間ちょい。

 

あ、前の記事で書いたuni-assist応募の注意事項についてはあまり反響がなかったので書きませんw というわけで、Tschüss! 

英語もドイツ語も不要で学費が無料の大学があった

前回の記事に特に反響がなかったにも関わらず、すごい掘り出し物情報をアップするボランティア精神あふれる私。

だって驚くでしょ。英語テストの点数すら必要ない大学があったんだよ…!

Technische Hochschule Ingolstadt - Bachelor of Engineering - ENGINEERING AND MANAGEMENT

中ほどのAdmission & Applicationの3) English language skills をご覧ください。

 

3) English language skills
The study program is offered completely in the English language. Sufficient knowledge of the English language is strongly recommended.

Note that unlike other institutions, we do not require a formal proof or documentation of English language skills (e.g. TOEFL, IELTS).

インゴルシュタットはICE(Inter City Express。特急電車。位置づけとしては日本の新幹線的な)も止まる大都市。南ドイツの日本人が大好きなお城とかあるドイツ!って感じの地域。 バイエルン州だし保守的だと思われる。

まあ授業は英語だから、英語は必要だけど、テストの結果が間に合わない!という人には朗報だよね。とりあえず応募を決めてから猛勉強すればどうにかなるかもしれないし。

まじ皆、英語圏以外への留学に興味なさすぎでしょ。学費タダなんだよ!タダ!

ドイツの大学への応募方法

ブログを書くのが久しぶりすぎて…! もうブログ止めた気になっていたけど、ドイツの大学から入学許可を貰ったので誰かの参考になるかと思い備忘録的に書いておきます。

背景や私の簡単なプロフィールはこちらの記事にありますので、よろしければご参照ください。

ドイツ行き計画について - 第七官界彷徨ブログ


◆概略

日本で大学を卒業した人がドイツの大学への入学許可を得るための全体の流れを説明しますと、

①応募する大学とコースを探す
②入学条件を確認
③uni-assistで大学入学資格の認定(VPD)を取る
④大学に直接応募/追加書類を送る/何もしないで待つ

というステップになります。

 

◆それぞれのステップの説明
①応募する大学とコースを探す
ドイツのDAADという公的機関のサイトで、条件に合った大学のコースが検索できます。私の場合は学位が「学士(Bachelor)」、言語が「英語」、分野が「コンピューターサイエンス」、学費が「1セメスターにつき500ユーロまで」という条件で探しました。

International Programmes - DAAD - Deutscher Akademischer Austauschdienst https://www.daad.de/deutschland/studienangebote/international-programmes/en/?p=l&q=°ree=1&fos=3&subject=350&lang=2&fee=1%2C2&sortBy=1&page=1&display=list

 

②入学条件を確認
入学条件もこのDAAD上でおおむね確認できます。「Requirements」のタブにIELTSやTOEFLの点数などが書いてあります。

f:id:Tanith:20180621153218p:plain

 

ただし、次の③のステップを進める時点では英語のテストの点数は必要ない場合がほとんどなのでここでは応募締め切りに送付(郵送もしくはアップロード)可能なスケジュールで条件がクリアできそうか確認すればオッケーです。

「詳しい条件はリンク先へ」等となっている大学もあるので、大学のウェブサイトをよく確認。分からなかったらメールで問い合わせましょう。

 

③uni-assistで大学入学資格(VPD)の認定を取る
uni-assist ( https://www.uni-assist.de/en/ )というのは、ドイツの大学に入りたい外国人が入学資格を満たしているかどうか審査する機関です。ドイツの高校卒業と同等の学歴があるかどうかいろいろな国の人を審査するわけですね。

大学によってはuni-assistは使わずに自分で判断するところや、他の認定機関を使っているところもありますが、大半がuni-assistを利用しています。
Uni-assistに送る書類の種類は大学によって異なります。DAADの詳細画面から各大学のサイトに飛べますので、必要書類を確認してください。

日本では、高校卒業までだとドイツの高卒より1年足りないらしく、大学の1年生を完了していることが必要とか、センター試験の点数を提出する必要があるとか聞いたことがあるのですが、大学や短大を出ている人は基本問題ないようです。

uni-assistに関しては色々注意点があるので、この記事の反響によっては詳細は別記事にしようと思います。

④大学に直接応募/追加書類を送る/何もしないで待つ
uni-assistから大学応募資格(VPD)を貰った後の流れは各大学でばらばらなので面倒です…。大学のウェブサイトの説明が分かりにくくても、uni-assistがVPDの発行のお知らせを送ってくるので、その書類には説明が書いてあるはずです。
VPDはまずメール添付でPDFが送られてきて、そのあと郵送で到着します(大学によって無い場合もあるらしい)。その紙のVPDを他の書類と合わせて自分で大学に送る場合や、uni-assistから勝手に転送してくれて、こちらでは何もしなくても勝手に大学の方で審査をすすめてくれるところもあります。

一つ注意してほしいのは、大学によってはアプリケーションポータルサイトがあって、そこに登録が必要な場合があります。
私はuni-assistをアプリケーションポータルサイトと混同していて応募締め切りに間に合わなくなった大学がありました…。uni-assistはあくまでも応募資格の認定機関なので、大学の応募プロセスをよく確認してください!

 

細かい点については気が向いたら書きますね~。Tschüss! 

パスポート更新前にAeroflot (アエロフロート)は予約できる?

来年6月の航空券を取るにあたり、一番安い航空券を見つけて、旅行会社を通さずにアエロフロートというロシアの航空会社で直接予約することにしました。荷物の規定やキャンセル料など吟味した上でいざ予約!と画面を進めていくと、パスポート入力画面で弾かれてしまいました。

そう、パスポートの期限が出発日前に切れてしまっているため・・・・。

 

仕方なく、コールセンターに問い合わせたところ予約可能でした。パスポートの更新が済んだら連絡すればいいとのこと。ちなみにオペレーターの方は日本語ネイティブじゃないですが、はっきり喋れば問題ないです。こちらからの質問にもちゃんと答えてくれます。

マイレージ会員(Bonus account)の番号を伝えたので、これでマイレージ加算もできるはず。なお、アエロフロートマイレージ会員の登録にはSMSの送信が必要のようです。

 

アエロフロート 世界各国からの無料通話番号

https://www.aeroflot.ru/jp-ja/offices/free_numbers

 

支払いは予約から20時間以内にしないと流れます。電話でクレジットカードの番号を言うか、WEBでの手続きと言われたのでWEBのリンクを送ってもらいました。2日くらい支払い期限の延長もできるみたいです。

今の所特におそロシアな事件は起こっていないので、ぜひこのまま何事も無く飛びたいです。